1. HOME
  2. 婚活で結婚したい婚活アプリ比較ランキング婚活アプリの写真自撮りはNG?婚活アプリでモテるプロフィール写真の撮り方のポイント

婚活アプリの写真

2016年07月05日

自撮りはNG?婚活アプリでモテるプロフィール写真の撮り方のポイント

自撮りする女性

婚活アプリのプロフィール写真は出会いの確率に直接影響する大切なもの。これのクオリティ如何で婚活ライフが変わってくるとも言えるでしょう。今回はそんなプロフィール写真は自撮りNGなのか、そしてモテる写真のポイントは何なのか、このあたりを解説します。

プロフィール写真に自撮りはNG?

自撮りする男性

プロフィール写真に自撮りは絶対にNGとは言いません。最近はスマホの技術も上がっていますし、自撮りを上手くするテクニックや専用の道具も販売されています。ただ、なんの技術もなしにプロフィール写真を自撮りするのはダメです。いくらスマホの技術が上がっていても、初心者の場合は自分の腕がボヤッと写りこんでしまったり、ピントが上手く合っていなかったり、背景がメチャクチャであったり。相手に自分の魅力を伝えられない、いわば悪い写真が出来上がってしまいます。

一見簡単そうに見える写真ですが、実は意識しておかなければならないポイントが非常に多く、それでいてダメな写真はすぐに分かります。結局のところ、よっぽどの自信が無ければ自撮りは避けた方が無難でしょう。実際に婚活アプリなどを使ってみると、予想以上に自撮り写真を登録している人が多いので、それに流されて登録しがちですが、婚活において重要なのは、いかに周りと差をつけるかです。他の人と同じことをしていては駄目。一歩前に出る気持ちで最適なプロフィール写真を撮影しましょう。

光を上手く使って撮影

豆電球

プロフィール写真を撮る際は光を上手く使いましょう。写真にとって光は命と言っても良い存在。どう光を当てるかによって、本当に同じ人なのかと疑うくらい印象が変わってきますよ。たとえば、写真を撮る際に逆光になっていませんか。逆光も写真の魅力を引きたてる手法のひとつではありますが、顔の凹凸が見えにくく、表情も分からなくなるのでプロフィール写真には向きません。

これと同じ理由で暗い場所での撮影もNG。モテる写真が撮りたいのであれば、なるべく明るい場所で撮影してください。室内であれば照明のなるべく近く。壁紙は白の方が明るくなります。背景を考慮して家具の隙間などで撮影することもあると思いますが、暗くなりがちなので注意してください。もちろん光量だけでなく光源の位置にも注目。どの角度から光が当たるかによって印象がガラッと変わるので場所や時間を調整しつつ試してみましょう。

モテたいなら身だしなみは必須!

タオルとセッケン

モテる写真にしたいのなら、撮影前に身だしなみをきちんと整えておきましょう。男性の方は普段意識することが少ないので、何から手を付けたらいいのか分からないかもしれませんが、雑な身だしなみは「だらしない」印象を与えてしまいます。これは婚活において確実に不利となる要素。まずは髪型をしっかりと整えて、奇抜にならない程度にオシャレな服を着て撮影に臨みましょう。この時、服のシワなども意識してください。たまにヨレヨレの服の写真がありますからね。

魅せたい自分を意識する

鏡を見る女性

良い写真といっても様々な種類があります。格好いい写真も、可愛い写真も、美しい写真も、全てが良い写真なのです。要は何が言いたいかというと、写真を撮影する際は自分をどう魅せたいか意識しましょう、ということ。自分のアピールポイントが人柄の良さだと思えば、それが写真にあらわれるように笑顔で。髪形などもナチュラルな方がいいでしょう。最終的に目指す写真を意識しないで撮影すると、アピールポイントが伝わりにくい、中途半端な写真に仕上がることも。いくら良い写真でも自分の魅力が伝わらなければプロフィール写真には適しません。

キメ顔はやめよう

バツマークを作る男性

特に男性に多いのですが、プロフィール写真でキメ顔は止めておくのが無難でしょう。自分的には格好いいと思っていても、女性から見ればただのナルシストなんてことも。引かれてしまうケースも多いので、自然な笑顔などの表情を意識してみてください。

婚活するならまずは一括資料請求

ランキングサイトで人気NO1、口コミサイトで人気NO1、それだけの理由であなたに合う結婚相談所を見つけるのは難しいと思います。あなたの考え方としっかりマッチングする相談所をしっかりと見極めるためにも、まずは一括資料請求で資料を取り寄せてじっくりと比較してみましょう。

© 2019 婚活365 All Rights Reserved.